ライダーに事故防止を呼びかける署員

ライダーに事故防止を呼びかける署員

 国道299号でのバイクやローリング族による危険運転や交通事故が絶えないことから、飯能署は連休中、県警や秩父署と連携し、取り締まり強化や啓発活動を実施した。

 飯能市周辺、特に国道299号沿いには観光やツーリング目的などで訪れるドライバー、ライダーだけでなく、騒音をまき散らしたり危険運転をしながら走る暴走族、峠道で運転技術やスピードを競うローリング族が多く訪れ、交通事故が多発傾向にあり、沿道の住民からは騒音などに悩む声も絶えない。

 連休中に行った合同取り締まりは、地域住民や一般車両の安全・安心を守り、交通事故を抑止することを目的に、299号で暴走車両の排除と移動式オービスを使った速度超過の取り締まりを実施。悪質で危険性の高い違反車両やバイクを次々に検挙した。

 啓発活動は横瀬町の「道の駅果樹公園あしがくぼ」駐車場で行い、道の駅利用者に啓発品を配布したほか、白バイの展示も行い、白バイやパトカーによる警戒走行を実施して事故防止を呼びかけた。

 夏に向けて暴走行為や騒音の増加が懸念されることから、飯能署は今後も取り締まりを強化していくとしている。