飯能署は22日、飯能市地域・生活福祉課主査、勝山健一容疑者(49)(所沢市林)を同市遺族会の口座から現金63万8000円を不正に引き出したとして、窃盗の疑いで逮捕した。勝山容疑者は、「身に覚えがありません」と容疑を否認しているという。

 同署や飯能市によると、勝山容疑者は太平洋戦争戦没者の市遺族会の口座から、今年3月5日に50万円、同6日に13万8000円を不正に引き出した疑い。金融機関のATMを操作する同容疑者の姿が防犯カメラに映っていたことから、浮上した。

 勝山容疑者が配属されている地域・生活福祉課は遺族会の事務局も務めており、通帳とキャッシュカードは課内のロッカーに保管されていた。

 ロッカーの鍵の開閉は上司が行っているが、3月26日に当時の担当者がロッカーを確認したところ、通帳とカードがないことに気付き、市内の金融機関で通帳を再発行し、記帳したことで現金が引き出されていることが発覚した。市は同月31日に飯能署へ被害届を提出した。

 職員課は、勝山容疑者について、もくもくと仕事をし、気になった点は特になかったという。

 市は「今後の警察による捜査に全面的に協力していくとともに、事実関係が明らかになった段階で、厳正に処分します」としている。

 大久保勝市長のコメントは、次のとおり。

 「このたびの本市職員の不祥事に関しましては、関係団体の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、そして行政に対する市民の皆様の信頼を大きく失墜させたことに対しまして、心から深くお詫び申し上げます。現時点では、捜査中のため詳しい内容は分かりませんが、今後の操作の進展状況、事実関係の内容を踏まえ、厳正に対処してまいります。このような不祥事を二度と起こさないよう、全職員の法令遵守及び再発防止に取り組み、皆様の信頼を一日でも早く回復できるよう全力を尽くしてまいります」。