飯能・日高・入間の地域情報発信 
最近のニュース
  • HOME »
  • 最近のニュース »
  • 入間川

タグ : 入間川

「経験ない」大雨 各所で河川溢れ、土砂崩落

 東日本各地に甚大な水害を与えた大型で非常に強い台風19号は、飯能市、日高市の市民にも、これまでに経験のないほ …

土砂崩れが発生した有間ダム下の道路

3月に待望の供用開始 市南北繋ぐ飯能茜台大橋

 飯能市が約30億円を投じ、平成23年度から建設を進めている大河原地内の県道青梅飯能線と同市立飯能西中学校前の …

クリーンセンター側から見た飯能大河原線。後方が飯能茜台大橋

台風備え放水始まる 下名栗の県営有間ダム

 入間川の洪水調整機能などを有する飯能市下名栗地区の有間ダム(名栗湖)で=写真=、台風などの大雨に備えダムの空 …

0522有間ダム

孵化前の卵撲滅へ 入間川などでバス駆除事業

 入間漁業協同組合(古島照夫組合長)は、5月中にも外来生物法により「特定外来生物」に指定されているコクチバス( …

川底の石に産み付けられた粟粒状のコクチバスの卵(平成24年、浄化センター脇の成木川で撮影)

入間川のアユ漁 14日から投網特別解禁

 入間漁協(古島照夫組合長)は、14日にアユの投網漁を入間川の一部区間で特別解禁する。  特別解禁の期間は、1 …

一部で環境基準満たさず 入間川など3河川水質

 「緑と清流のまち」を標榜する飯能市は入間川、高麗川、成木川の主要3河川10地点でそれぞれ年6回、河川水を採水 …

BODの環境基準超が続く阿岩橋下の入間川

水不足の後に異例の長雨 受難の漁協関係者

 8月に入って長雨が続く飯能地方。日照不足による農作物の生育が懸念されているが、漁協関係者も頭の痛い問題に直面 …

長雨で水嵩が増す入間川。後方の橋は飯能大橋(16日矢川橋から撮影)

飯能河原などへ遊歩道整備案 3つのエリア分け、癒しの親水空間

 第5回「飯能河原利用調整協議会」(吉田行男会長)が飯能市役所で開かれ、飯能河原など市内を流れる入間川岸に整備 …

飯能河原。手前の橋の辺りに流れ橋を新設。遊歩道は割岩橋を渡り奥に見える下流エリアにつながる

「二ホンウナギを守れ」 全国先駆け生息環境改善事業

 日本人には古くから馴染みのある魚「ニホンウナギ」。しかし、生息環境の悪化から減少していると言われ、生態につい …

河川に沈められ、魚類の棲み処となる「石倉カゴ増殖礁」

外来魚駆除や川歩き 入間川守り、豊かさ知ろう

 埼玉県の代表的清流、飯能市を流れる入間川で8月6日、水生生物の観察や外来魚問題などについて知識を深める2つの …

県立飯能南校北側を流れるエコツアーの会場、入間川
1 2 3 »

埼玉西部の天気予報

介護・医療現場で活躍できる人材の育成なら

最近の紙面

地域を活性化している人の体験や知恵を学ぶ

PAGETOP
Copyright © 文化新聞|公式サイト|bunkashinbun.co.jp All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.