飯能・日高・入間の地域情報発信 
最近のニュース
  • HOME »
  • 最近のニュース »
  • 日高←過去の日高のニュース

日高←過去の日高のニュース

SL臨時列車や新駅設置 八高線・川越線の増便・複線化など要望

 西8区(日高市)選出の小谷野五雄県議が会長を務める「埼玉県議会八高線・川越線沿線活性化議員連盟」が、JR東日 …

JR大宮支社に要望を行った小谷野県議、内沼博史県議ら議員連盟メンバー

地域の歴史を後世へ 再建された金毘羅大権現碑

 度重なる震災で倒壊し、地域住民の手によって再建された日高市高萩地内の「金毘羅大権現碑」の魂入式がこのほど行わ …

再建された石碑を前に拝礼する出席者

高萩宿の歴史、今に伝える 金毘羅大権現碑を再建

 国道407号の旧道沿い、かつて宿場町だった日高市高萩地内に、清水次郎長も一目置いた侠客の清水喜右衛門こと「高 …

豊かな発想で空間創出 浅見純一さん

   「職人としての腕や自分らしい発想を磨き、人々の暮らしが豊かになるような作品を作り続けたい」。そう語るのは …

大賞を受賞した浅見さんたちの作品

王神遺跡の住居址や土器 高麗郡建郡以降の暮らし探る

 日高市は、武蔵高萩駅北土地区画整理事業に伴い遺跡発掘調査を進めている同市高萩の王神遺跡で22日、現地説明会を …

日高高校南側で発掘調査が進められている王神遺跡

桑田衡平の生涯と業績 医学書翻訳で近代医学の礎築く

 日高市北平沢に生まれ明治初期に多くの米英医学書を翻訳し日本の医学発展に貢献した桑田衡平(1836~1905年 …

北平沢に生まれ医学書の翻訳などで功績を残した桑田衡平

雨中の開通式典 国道299号台・飯能工区バイパス

 国道299号線の日高市台から飯能市飯能まで約1・5キロに及ぶ「台・飯能工区」のバイパス整備が完了し、県は1日 …

雨の中、上田知事をはじめ関係者によるテープカット

交通事故のないまち目指す 17事業所が表彰

 飯能地区安全運転管理者協会(市川洋太郎会長)の平成29年度定期総会がホテル・ヘリテイジ飯能で開催され、昨年度 …

表彰を受ける事業者

難所解消、安全・利便性向上へ 国道299号「台・飯能工区」

 国道299号線の日高市台から飯能市飯能まで約1・5キロにわたりバイパス整備が進められている台・飯能工区が7月 …

信号機も設置され、7月1日開通へ急ピッチで工事が進む台・飯能工区

お祝いの風船、青空へ 開校130周年の高麗小

 今年12月に開校130周年を迎える日高市立高麗小学校(金子雄二校長、児童数259人)は、記念行事の一つとして …

青空へ風船を飛ばす児童たち
1 2 3 26 »

埼玉西部の天気予報

介護・医療現場で活躍できる人材の育成なら

最近の紙面

地域を活性化している人の体験や知恵を学ぶ

PAGETOP
Copyright © 文化新聞|公式サイト|bunkashinbun.co.jp All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.