飯能・日高両市の最新ニュース 発行所 : (株)ブラウズ(埼玉県飯能市柳町12番10号)
最近のニュース
  • HOME »
  • 最近のニュース »
  • 飯能←過去の飯能のニュース

飯能←過去の飯能のニュース

飯能看護専門学校で卒業式 患者に寄り添う看護師に

 飯能市下加治にある飯能看護専門学校(増島宏徳校長)の令和3年度卒業式がこのほど、同校講堂で執り行われ、准看護 …

増島校長から卒業証書を受け取る卒業生代表

「私を支えた一冊」を展示 24日まで飯能市立図書館

 飯能市立図書館の1階展示コーナーで24日まで、自殺対策特別月間特別展示「『いのち・つなげる』~私を支えたこの …

1階展示コーナーで実施されている特別展示

復興元気市ミニ版を開催 海産物食べて被災地応援

 東日本大震災から11年を迎えた11日と12日の2日間にわたり、飯能市内の4会場で「復興元気市mini」が開催 …

被災地の方角を向いて黙祷する参列者

ロータリークラブIM 飯能で式典や記念講演 オンライン方式併用

 飯能ロータリークラブ(高橋弘会長)がホストクラブとなり、国際ロータリー第2570地区第3グループ都市連合会イ …

オンライン方式を併用して行われたインターシティミーティング

いるま野 飯能・日高へ横断旗寄贈 登下校時の安全確保

 いるま野農業協同組合は、児童・保護者が登下校時に使用する横断旗を飯能市、日高市にそれぞれ寄贈した。石森義朗西 …

飯能市(上)、日高市(下)の市長・教育長と横断旗を手にする石森理事代表

「自転車もとまれ」標示板70枚寄贈 県自動車整備振興会飯能支部

 自転車を利用する児童の交通安全意識を高めてほしいと、埼玉県自動車整備振興会飯能支部(宮崎政儀支部長)は、飯能 …

新井市長、中村教育長に標示板を寄贈した宮崎支部長(右2人目)ら。

きもの処かきぬま 店舗建替のため閉店大処分 全品3~9割引に

 飯能銀座商店街にある「きもの処かきぬま」(柿沼清店主)が、店舗の建て替えに伴い、今月31日に一度閉店する。新 …

小紋を手にする4代目店主の清さんと、振り袖を持つ女将の美枝子さん

阿須小久保線(岩沢陸橋)26日午後1時開通 市南北地区結ぶ重要幹線

 飯能市が平成30年度から整備着手していた都市計画道路阿須小久保線(岩沢陸橋)が26日、午後1時に開通する。 …

供用開始する阿須小久保線。写真は岩沢郵便局東側交差点付近

双柳の細田さん コロナ収束願い 西川材でヒョウタンホルダー

 飯能市双柳の細田司郎さん(78)が、西川材のスギやヒノキを使って「ヒョウタンホルダー」を製作した。  昨年、 …

飯能市双柳の細田司郎さん(78)が、西川材のスギやヒノキを使って「ヒョウタンホルダー」を製作した。
 昨年、コロナ禍により自宅で自粛する中で「自分に何か出来ることはないか」と考え、飯能産の材木の美しい年輪を生かし、ヒョウタンを試作。その後は、ほぼ毎日2~3時間作業に取り組んでいるという。
 サイズは大(高さ8センチ)、中(同5・5センチ)、小(同3センチ)の3種類を制作し、25センチの紐が取り付けられている。飯能のPRの一助になればと、「Hanno」の文字を記載した。広小路交差点そばのKOFUKA(コフカ、飯能市八幡町)で大・中サイズを販売している(いずれも400円)。
 細田さんは、「ヒョウタン1個を製作する時間は、2時間程度。コロナの一日でも早い収束を祈願しつつ、一つひとつ作った。飯能市を訪れた皆さんに“飯能土産”としてリュックのお供にしてくれたら嬉しい」と話している。
ヒョウタンホルダーの他にも、西川材を活用したブックホルダーも手掛けており、今後については「まだ何を作るかは未定だが、挑戦する気持ちはあります」と意欲を見せた。

市内男性、議会に陳情 久下六道線12メートル以下

 飯能市内に住む男性が市議会(中元太議長)に「久下六道線拡幅に関する陳情」「太陽光発電施設の建設を立地規制する …

市が16メートル幅員で事業化をプランしている久下六道線
« 1 4 5 6 141 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社ブラウズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.