埼玉西部消防局と山崎製パンがコラボした「ふわふわブレッド」

埼玉西部消防局と山崎製パンがコラボした「ふわふわブレッド」

 秋季全国火災予防運動が9日から始まった。15日まで。今年度の防火標語は「おうち時間家族で点検火の始末」。

 埼玉西部消防局飯能日高消防署は、住宅火災予防のポイントとして、4つの習慣「寝たばこは絶対にしない、させない」「ストーブの周りに燃えやすいものを置かない」「こんろを使うときは火のそばを離れない」「コンセントはほこりを清掃し、不要なプラグは抜く」。

 また、6つの対策として①火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する②火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する③火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類およびカーテンは、防炎品を使用する④火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく⑤お年寄りや体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく⑥防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う──を挙げ、火の用心を呼びかけている。

 同署は、住宅火災等による高齢者の被害が増加傾向にあるとして、単身高齢者防火訪問として、11月上旬から来年1月末にかけて、満80歳の1人暮らしの世帯を職員が訪問し火災予防に関する資料などを投函する。

 一方、「消防職員が住宅用火災警報器や消火器を訪問販売することはない」として、消防職員の名前を利用した悪質訪問販売に注意を促している。

 このほか、埼玉西部消防局と所沢市に工場がある山崎製パンがコラボしたパン「ふわふわブレッド」が製造販売され、消防士のキャラクターが描かれたパッケージで住宅用火災警報器の維持管理を呼びかけている。11月末までの1か月間限定で、関東圏を中心にスーパーやコンビニなどで販売され、幅広い世代に火災予防をPRしている。