下名栗、開運橋下流の釣り人

下名栗、開運橋下流の釣り人

 飯能地方に初夏の訪れを告げる入間川のアユの友釣りが1日解禁し、対面を待ち侘びた大勢の釣り人たちが朝早くから河原に繰り出した。

 下名栗の開運橋下流で竿を出していたさいたま市在住の男性(60)は、「10匹ほど釣れました。解禁日はいいですね」と笑顔。

 入間漁協によると、この日の午前中、同橋付近で16センチ前後のアユを60匹近く釣り上げた人がいたという。

 川床の石に付着している藻が増水などできれいになれば、釣果はさらに上向くと漁協。

 問い合わせは、入間漁業協同組合(973・2389)へ。