高麗家住宅の隣で見頃を迎えたしだれ桜(本紙ドローンにより上空から撮影)

高麗家住宅の隣で見頃を迎えたしだれ桜(本紙ドローンにより上空から撮影)

 日高市新堀の高麗神社(高麗文康宮司)で、樹齢約400年のしだれ桜が見頃を迎えている。神社境内の前庭には樹齢約300年の彼岸桜もあり、28日にはこれらの桜をライトアップする夜桜会が開かれる。

 国指定重要文化財の高麗家住宅の傍らに立つしだれ桜は、高さ16メートル。頭上から垂れ下がった枝先に無数の花を咲かせ、参拝者を楽しませている。

 28日の夜桜会は午後4時半から7時半まで。しだれ桜や彼岸桜をライトアップする。入場・観賞は無料。また、夜桜会に先立ち、午後4時から約30分、彼岸桜前で桜の開花を祝う桜花祭が執り行われる。

 夜桜会では境内での飲食を禁止し、持ち帰り用の和菓子を販売。同神社は新型コロナウイルス感染防止のため、「観賞時にはマスクを着用し、密集を控えて観賞を」と呼びかけている。