表彰を受けた前列左から細田さん、石森さん夫妻。後列は左から金子会長、山本署長

表彰を受けた前列左から細田さん、石森さん夫妻。後列は左から金子会長、山本署長

 飯能署でこのほど、飯能地方交通安全協会の副会長を務める細田隆行さん(71)=飯能市永田=、同協会第17支部長を務める石森庸元さん(75)=同市中山=に令和2年度「交通栄誉章緑十字銀章表彰」の伝達が行われた。

 細田さんは平成14年4月に飯能地方交通安全協会の評議員となり、23年6月に副会長に就任。石森さんは平成6年5月に同協会の評議員となり、23年4月に第17支部長に就任した。いずれも長年にわたり地域の交通安全に貢献している。

 伝達式では飯能署の山本恭茂署長、交通安全協会の金子堅造会長から、細田さん、石森さんに警察庁長官・全日本交通安全協会会長の連名による表彰状、また、石森さんの妻の澄子さんに感謝状が手渡された(細田さんの妻・久美子さんは欠席)。

 伝達を受けた細田さん、石森さんは、「受章を励みに今後も地域の交通安全に努めたい」などとし、山本署長、金子会長は「交通事故防止は一朝一夕にはできない。お2人は1件でも交通事故が減るようにと、長年にわたり献身的に活動を続けて頂いた。今後も地域の安全のためにご協力頂きたい」と感謝している。