信号機が設置される四本木地内の交差点

信号機が設置される四本木地内の交差点

 日高市四本木地内の県道飯能寄居線バイパス上に、今年度内に新たに信号機(定周期式)が設置される。地元自治会(区)からの信号設置の要望を受け、関係機関への働きかけを行っていた西8区(日高市)選出の小谷野五雄県議が本紙へ報告した。

 信号機が設置されるのはバイパスと市道が交差するT字路。バイパス開通以降、歩行者の横断が困難、また、車両についても、市道からバイパスへの進入、バイパスから市道への右折が困難になっているとして、昨年1月に地元の四本木区、高麗川区、野々宮区から、信号機と横断歩道の設置の要望書と1600人を超える住民の署名が小谷野県議を通じて飯能署や関係機関へ提出された。

 小谷野県議は「地域住民の安全確保という点から、信号設置の要望と多数の署名が寄せられていた。関係機関の協力でスムーズに実現に至り、地域の安心につながれば」と話している。