飯能市の大久保勝市長は、2020年「市長が選んだ飯能市10大ニュース」を発表した。新型コロナウイルス感染症に関連する取り組みとして、3項目が入ったのが特徴。

 ①新型コロナウイルスの感染拡大が市民生活に影響、恒例行事の相次ぐ中止(通年)

 ②「生活支援」「事業者支援」「感染拡大防止」「離職者や学生などの雇用創出」を柱とする「飯能市新型コロナウイルス感染症対応緊急経済対策」を実施(6月)

 ③「特別定額給付金」の申請及び給付を県内最速で開始(5月)

 ④「LTE対応タブレット端末」を県内最速で全公立小中学校に導入、タブレットを活用した授業をスタート(9月)

 ⑤保育所等利用待機児童数0人を達成(4月)

 ⑥北欧文化を体験できる複合施設「ノーラ名栗」がニューオープン(8月)

 ⑦発酵食品のテーマパーク「OH!!!発酵、健康、食の魔法!!!」がオープン(10月)

 ⑧「阿須架道橋(阿須ガード)」の拡幅に向けてスタート(4月)

 ⑨「阿須山中土地有効活用事業」が着工(10月)

 ⑩「メッツァ」の来場者数が200万人を超える(10月)