県は、13日に飯能市居住の40代男性医療従事者、14日に飯能市居住の70代女性アルバイト、15日に日高市居住の60代女性アルバイト、16日に日高市居住の60代男性会社員が新型コロナウイルス感染症に感染したとそれぞれ発表した。

 このうち飯能市居住の40代男性が8日に飯能市民体育館サブアリーナを利用したことが分かり、市は16日までサブアリーナの利用を休止して消毒を実施、休刊日の17日を挟み、きょう18日から利用を再開する。

 飯能市で17例目、県内3015例目となる40代男性は勤務先に陽性者があり、PCR検査の結果、11日に陽性と判明した。同居家族は4人。男性は8日に飯能市民体育館を利用していたことが判明した。

 飯能市で18例目、県内3076例目となる70代女性は、8日に38度の発熱、倦怠感、節々の痛みといった症状があり、PCR検査の結果、11日に陽性と判明した。同居家族はなし。

 日高市で9例目、県内3130例目となる60代女性は、9日に倦怠感や食欲不振の症状があり、PCR検査の結果、14日に陽性と判明した。同居家族は1人。

 日高市で10例目、県内3182例目となる60代男性は、9日に37・3度の発熱、倦怠感、頭痛の症状があり、PCR検査の結果、15日に陽性と判明した。同居家族はなし。

 濃厚接触者についてはいずれも調査中としている。