29日午後11時40分頃、日高市高麗本郷の佐島牧場から火が出ていると付近住民から119番通報があり、消防署と消防団が出動し消火にあたった。

 火は約4時間半後の30日午前4時17分に消し止められたが、馬小屋5棟と倉庫1棟が全焼。牧場経営の50代夫婦が住む木造2階建て住宅の一部も燃え、夫婦が腕などにやけどを負ったほか、飼育する馬が数頭焼け死ぬ被害に遭った。出火原因について、警察と消防が調べている。

 巾着田内にある同牧場では、乗馬用の馬を飼育して販売やイベントの際に貸し出すなどの業務を行っており、火災に気付いた経営者夫婦らが馬を避難させたが、飯能署によると、少なくとも3頭が焼け死んだという。

 県道に逃げた馬を住民がなだめて安全な場所に誘導する場面もあり、消火作業を見守った近所の男性は、「パンパンと弾けるような物音が聞こえ、外を見たら牧場の方から炎が上がっていた。馬が5頭ほど興奮した様子で道路の方に逃げていくのを見た」と話した。