地蔵尊に交通無事故を祈願する関係者たち

地蔵尊に交通無事故を祈願する関係者たち

 飯能市岩沢の国道299号沿いにある「六道交通安全地蔵尊」境内で6日、第45回「慰霊祭」が行われた。今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、来賓を招いての式典を中止し、規模を縮小して六道交通安全地蔵尊会(市川章弘会長)の会員のみでの実施となった。

 同地蔵尊は、299号線が開通して以来、交通死亡事故が多発していることから、昭和51年に地元の有志8人が中心となり、市内の会社、商店、個人など257人から約500万円の寄付を集めて同年3月に完成させ、翌月の春の全国交通安全運動習慣の初日に除幕式と慰霊祭を実施した。その後も、毎年春の全国交通安全運動に合わせて、慰霊祭を執り行い、飯能署管内の物故者を祀っている。

 新型コロナの影響により、規模を縮小して実施された慰霊祭では、秀常寺の井上一巳住職が読径し、六道交通安全地蔵尊会の会員たちが一人ずつ焼香を行い、交通死亡事故犠牲者の冥福と交通無事故を祈願した。

 市川会長は、「昨年は、飯能署管内においては4人が亡くなられた。今年は新型コロナの影響もあり、簡略化して慰霊祭を実施することになり申し訳なく思うが、これからも交通事故を少しでも減らすことが出来るように皆さんと協力しながら進めていきたい」と呼びかけた。