行楽客で賑わう飯能河原

行楽客で賑わう飯能河原

 飯能市大河原にある「West River(ウエストリバー)BBQ」(古屋彰彦店長)は、飯能河原のすぐ目の前という好立地に店舗を構え、手ぶらでバーベキューが楽しめるBBQ器材レンタル・備品販売店として今年3月にオープン。器材や食材の準備から後片付けまでセットになったプランなど様々なサービスが用意され、その場に行くだけで気軽にバーベキューが楽しめると若者や家族連れを中心に評判を呼んでいる。

 飯能河原は、都内から電車で1時間圏内でありながら、西武池袋線飯能駅から徒歩15分と利便性が良く、電車で行けば飲酒も安心してできるといったメリットもあり、バーベキューや川遊びの人気スポットとして広く知られている。

 同店は、同市大河原の「おみやげ処くぬぎ」を経営する大河原秀夫さんが管理している店舗で、古屋さんがレジャー用品などの貸出しサービスを行うために、出店に適した良い場所を探していたところ、大河原さんから「ここでやってみないか」と声を掛けられたのが出店のきっかけ。

 店の名前ウエストリバーは、江戸から見て西の方角から筏で運ばれてくる材木、「西川材」から取ったという。

 提供するサービスには、器材のセッティングから片付けまでがセットのサポートプラン、器材のセッティングから片付けまで自分で行うフリープラン、必要な器材だけを選べる単品器材レンタルの3つのプランがあり、オプションには食材付きプランもある。

 サポートプランとフリープランには、後片付けなどで出たゴミの処理代行がサービスで含まれている。

 また、店舗には駄菓子、水遊び道具、木炭や紙皿などの消耗品、飲料の販売など、レジャーに欠かせないグッズも各種取り扱い、急な入用にも対応できる。

 古屋さんは、「3月のオープン以来、梅雨明け前から利用客が少しずつ増えてきている。客層は若い人たちだったり、親子連れだったりと様々で、BBQ器材を持っている人は、食材だけを追加で買いに来る人もいる。最大200人分まで対応できるので、声をかけてもらえれば」と話している。

 家族と一緒にバーベキューをするために、同店で器材をレンタルしたという飯能市双柳在住の岡部優作さん(24)は、「ホームページでバーベキューの設備や食材を用意して貰えるのを見て、利用してみようと思った。子どもも楽しんでくれているのでとてもよかった」と笑顔を見せた。

 場所取りや器材のセッティング及び片付け不要のサポートプランは、フルコース(午前9時から午後6時)大人(中学生以上)2500円、小人(小学生)1250円。午前コース(午前9時から午後1時)と午後コース(午後2時から午後6時)はそれぞれ、大人1400円、小人700円。

 飯能河原の好きな場所で、自分たちでセッティングし、片付けまで行うフリープランは、フルコース(午前9時から午後6時)大人1800円、小人900円。

 オプションで食材付きを頼む場合は、牛カルビや豚モモ、鶏モモや野菜や焼きそばなどが揃った食材付きプランAが2000円。牛カルビ、豚モモ、鶏モモ、に焼きそば、海老やホタテなどの海鮮付きのプランBが2700円。

 また、単品器材レンタル(午前9時から午後6時)は、タープテント、サイドシート、コンロセット、コンロ、鉄板、アウトドアテーブルなどがレンタルできる。

 問い合わせは、ウエストリバーBBQホームページ(https://westriverbbq.com/)または、980・6888へ。