飯能・飯能南高校の統合計画が県教育委員会(小松弥生教育長)から示された問題で16日、飯能市と県教委は、両校統合案を含む「『魅力ある県立高校づくり第1期実施方策(案)』における『飯能高校及び飯能南高校の統合に関する協議会』の設置」を発表した。

市と市教委は先月、「実施方策(案)」の「取り下げ要請書」及び「撤回要求書」を県教委に提出しているが、県教委が7日に予定していた両校への説明会を延期したことを受け、統合問題を話し合う環境が整ったと判断し、県教委と協議会の設置で合意。両校の統合に関しては、スケジュール等も含め協議会で合意形成を図りながら進める、という内容。生徒の進路等も考え、第一回は、早い時期に飯能市で開催される見込み。