啓発看板を手にする関係者

啓発看板を手にする関係者

 交通事故防止や交通安全意識の高揚を目的に、飯能・日高の自動車整備事業者で構成される埼玉県自動車整備振興会飯能支部(宮﨑政儀支部長)は、日高市へ交通安全啓発看板7枚を寄贈した。

 啓発看板は高さ180センチ、幅30センチ。3種類のデザインを作成し、ドライバーなどの視野に入りやすいようにイラストを交え、目立つ文字で「スピード抑えて無事故・無違反 安全運転」「見通し悪し 飛び出し注意」「迷惑駐車はやめましょう」などと記されている。交通量の多い通学路や幅員の狭い道路などに設置される。

 日高市役所で行われた贈呈式には、宮﨑支部長、双木俊久副支部長、中里光伸副支部長、中沢謙一副支部長、谷ケ﨑照雄市長、中村一夫教育長、飯能署の湯本賢署長らが出席し、宮﨑支部長が「交通事故防止に役立てて欲しい」と谷ケ﨑市長に目録を手渡した。

 谷ケ﨑市長は「毎年、啓発看板の寄贈を頂き誠にありがたい。市内では自転車の事故が増えている。一件でも事故が減るように、我々も努力して参りたい」と感謝を述べた。