日高市は、自動販売機の売り上げの一部を通じて市の子育て応援を推進する取り組みとして、コカ・コーラズジャパンと3月1日に協定を締結し、同市総合福祉センター「高麗の郷」、日高市役所、ひだかアリーナの3か所に「子育て応援自動販売機」を設置する。

 同自販機で飲料を購入した人からの寄付として、売り上げの一部をコカ・コーラが市へ寄付することにより、子育て拠点施設の子ども用玩具の購入など市の子育て応援に活用するもの。県内初の取り組みという。

 協定締結と合わせ、専用のラッピングを施した自動販売機が高麗の郷エントランス、市役所3階エレベーター前、ひだかアリーナエントランスに設置される。その後は、民間施設や店舗にも子育て応援自販機の設置の協力を呼びかけ、子育て応援の輪を広げていくとしている。

 公共施設に設置される3台の自販機については、年間の市への寄付額を1台につき約10万円、計約30万円と見込んでいる。