谷ケ﨑市長(左)から表彰を受ける受賞者

谷ケ﨑市長(左)から表彰を受ける受賞者

 日高市は1日、第27回「日高市表彰式」を市役所で開き、長年にわたり自治・消防・社会福祉・文化の各分野で市に貢献した個人17人・2団体を谷ケ﨑照雄市長が表彰した。同市は平成3年10月1日に市制施行したことから、10月1日を「市民の日」と定め、市の発展に貢献した市民を表彰している。

 式にあたり、谷ケ﨑市長は「市にとりましては最高の賞。受賞者の皆様はそれぞれの分野において長年にわたり、豊富な識見と卓抜した手腕を発揮し、市発展に多大なご貢献を頂いた。日頃から深いご理解と格別の熱意を持って活動を続けて頂いていることに心から敬意と感謝の意を表する。今後とも市の更なる発展のため一層のご指導、ご協力を賜りたい」と受賞者の市への貢献に感謝。

 また、最近の市の状況について触れ、「市は巾着田を中心とした高麗郷一帯を遠足の聖地として宣言し、恵まれた自然や歴史ある本市をPRしている。また、先日は天皇皇后両陛下にもご来訪頂き、これを機会に更に多くの皆様に日高市を訪れて頂けるよう多方面からPRしていきたい」などと抱負を述べた。

 表彰後には、市職員永年勤続表彰として市職員6人への表彰行われ、来賓の森崎成喜市議会議長が受賞者を祝福し、閉式後には記念撮影などが行われた。

 受賞者は次の通り。敬称略。

 【自治功労】▽平井久美子(市議会議員)▽石元登(選挙管理委員会委員長)▽石田則雄(人権擁護委員)▽中村鉄五郎(顧問弁護士)

 【消防功労】▽齊藤亨(消防団第1分団)▽本橋茂樹(同)▽山口和裕(同)▽栗島剛史(消防団第3分団)▽大越健一(同)▽新野啓次(消防団第4分団)▽雙木幹仁(同)▽犬竹聡(消防団第5分団)▽北野裕樹(消防団第6分団)

 【社会福祉功労】▽遠藤克己(保護司)▽小泉光枝(同)▽飯能日高精神障害者家族会みのり会(社会福祉の増進を目的とする団体)▽マロウドの会(同)

 【保健衛生功労】▽島村由起男(学校医)

 【文化功労】▽水村茂雄(日高市美術家協会副会長)

 【永年勤続表彰】▽大野仁▽大野康行▽堀口和子▽上原慎一郎▽峰岸勝美▽山岸享子