レース状の傘が特徴的なキヌガサタケ

レース状の傘が特徴的なキヌガサタケ

 飯能市赤沢の竹林に、キヌガサタケと見られるキノコが十数本。竹林を所有する女性(67)は、「何十年もいるが、昨年、初めて見つけた。昨年は2つしか見なかったのに、今年はこんなにいっぱい。驚きました」と話している。

 キヌガサタケは、白色の柱の上に茶色の頭頂部があり、周囲には白いレース状の傘が垂れ下がっている。その形状がドレスをまとっているように見えることから「キノコの女王」との別名も。レース状の傘は短期間でしぼんでしまう。中国では高級食材とされ、スープや炒め物に使われているという。

 目に見える範囲だけでも十数本生えており、大きいものは高さ17センチ程。周囲にはこれから成長するであろうキヌガサタケの“赤ちゃん”も。

 女性は携帯電話で撮影し、「珍しいものを見ることが出来たので、友人たちにも変なキノコが生えてきたと見せてあげようと思います」話している。