施設整備が計画されている入間西部衛生組合清掃センター(右が管理棟、左が投入棟、奥が処理棟)

施設整備が計画されている入間西部衛生組合清掃センター(右が管理棟、左が投入棟、奥が処理棟)

 日高市、入間市で組織され両市のし尿の収集・運搬・処理に関する事務を共同処理する入間西部衛生組合は、日高市上鹿山で運営する清掃センターの老朽化に伴い、平成30~31年度の2年をかけ整備工事を計画している。

 同施設では現在、搬入されたし尿等を低希釈高負荷脱窒素処理・膜分離処理と呼ばれる処理に加え活性炭吸着による高度処理を行って小畔川へ放流しているが、整備後は、脱水機で汚泥と液体に分離し、分離液を希釈して日高市の公共下水道へ放流する「固液分離方式」へ処理方式を切り替える。日高市議会(森崎成喜議長)全員協議会で市執行部が整備概要や今後の予定を説明した。

 同組合は入間市の田中龍夫市長が管理者、日高市の谷ケ﨑照雄市長が副管理者を務め、日高市上鹿山にある同組合清掃センターで両市から排出されるし尿を共同処理している。

 清掃センターは昭和42年に稼働開始。人口急増や環境基準の厳格化に対応するため、昭和48年・同56年の2度にわたり処理方法の変更・増設を行い、平成13~14年には生活環境の保全、公衆衛生の向上、公共下水道の普及によるし尿の減少を考慮した大規模改修工事を実施し、現在に至っている。

 建物は管理棟、投入棟、処理棟の3施設からなり、昭和56年の増設から36年、大規模改修からも15年が経過し老朽化が著しくなっていることから、圏域から排出されるし尿等の処理を効率的・効果的に行うため、新たな処理方式として固液分離方式により日高市の公共下水道へ放流するための整備工事を計画。

 固液分離方式は、搬入したし尿等からごみを取り除き、脱水機で固体(汚泥)と液体に分離後、分離液を下水道に放流できる水質基準まで希釈し、下水道に放流する。

 現在は処理棟で処理された水が管を通って小畔川へ放流されているが、整備後は、投入棟で固液分離を行い希釈して公共下水道へ放流し、市浄化センター(高萩)で最終的な処理が行われることになるため、処理棟の機能は不要となる。

 整備工事は平成30年度から31年度までの2年で実施し、32年4月に稼働予定。工事業者の選定は公募型指名競争入札により平成30年4月に入札を行い、5月の組合議会承認を経て契約を締結する。工事費は未定だが、負担割合は組合の負担割合に基づき入間市が約74%、日高市が約26%となる。