浦学打線相手に力投したエース西澤

浦学打線相手に力投したエース西澤

 21日の5回戦で本庄東を4対2で下し準々決勝へ進出した聖望は23日、県営大宮球場で強豪の浦和学院と対戦、1安打に抑えられ0対3で敗退した。エースの西澤は一度マウンドを降りるも再登板し意地を見せ、打線は最終回に粘りのあるプレーで相手の失策を誘い好機を作ったが、あと1本が出なかった。

 聖望は1回表、2死から津田が安打で出塁し、続く今大会2本塁打の4番・島村のバットに期待がかかったがあえなく凡退。

 エース西澤は安定した立ち上がりを見せたが、3回裏無死から、センターの頭上を越す2塁打を打たれ、中継のミスの間に3塁へ進塁を許してしまうと、続く打者に適時打を浴び1失点。

 その後も粘りの投球を続けたが、7回裏には1死から連打を浴び1失点。ここで西澤は左翼に回り2番手の高橋がマウンドへ。しかし、四球と安打で1点を追加され、さらに2死満塁とピンチを広げると西澤が再登板し、後続を打ち取った。

 相手投手を攻めあぐね、2回以降安打のない聖望は9回表2死から島村の内野ゴロが相手の失策を誘い、ヘッドスライディングでセーフ。その後、守備の乱れを突き2死2塁と好機を広げたが、続く大野が放ったセンターへの大飛球はスタンドまで届かず、試合終了となった。

 スタンドからは吉田七星団長率いる応援団が大声援を送り、満席の観客席からは選手たちにねぎらいの拍手が送られた。春の大会で逆転負けをした浦学へのリベンジを果たせず、泣き崩れる選手もいたが、チームを引っ張った川上主将は、「目標としていた甲子園には行けなかったが、家族や周りの方々に支えられ野球に打ち込めて幸せだった。本当にありがとうございました」と感謝した。