日高市議会(大澤博行議長)は、請願として提出された「米軍横田基地にオスプレイを飛来させないこと、配備計画を撤回することを国と米軍に申し入れるよう求める請願」(請願者・麻生正)を不採択とした。

 請願の内容は、昨年12月に米海兵隊普天間基地所属のMV22オスプレイが名護市の海に墜落し大破したことを受け、米軍横田基地にオスプレイが配備される計画があり、「日高市上空に飛び回ることになれば、市民生活はより一層危険と不安にさらされる。住宅地の上でのオスプレイの飛行など許されることではない」として、国と米軍に配備計画撤回を申し入れるよう求めたもの。

 負託を受けた総務福祉常任委員会で不採択となった後、本会議では賛成・反対討論が行われ、賛成討論では、請願の紹介議員でもある佐藤真議員(共産党)が、オスプレイの危険性を主張した上で「請願の趣旨は日高市民の生命財産を守る上で有益なものと考える」、田中まどか議員(みんなの会)が「請願の提出者は、同じような事故が日高市内でも起こるかもしれないとの不安を訴えている。生命を脅かす危険を排除して欲しいと議会に請願を提出することは極めて妥当」などと述べ、賛成した。

 反対討論では安藤重雄議員(改革フォーラム)が、オスプレイは米軍や自衛隊が使用しているヘリコプターの後継機であり、「日本の安心安全な防衛を果たしていくにはオスプレイの使用もやむを得ない」などと述べた。

 その後、起立による採決が行われ、賛成少数により不採択となった。