ツリーや様々な電飾が色とりどりに輝いている

ツリーや様々な電飾が色とりどりに輝いている

 飯能市東町、西武線沿いのオーエム建設には、寒い冬をきらびやかに彩る豪華なイルミネーションが飾られている。

 イルミネーションは15年ほど前から実施し、毎年デザインを考えながら少しずつ電飾を増やしてきた。「今年は大人の背丈ほどもある雪だるまと、小鳥の飾りを追加しました」と話すのは、深須厚子さん(67)。夫の修さん(67)、娘の舞子さん(37)とともに飾り付けを行った。

 ツリーやサンタクロース、雪の結晶などの電飾が敷地内をはじめ屋根や壁にも施され、輝く色とりどりの光の共演が楽しめるとあって、注目を集めている。

 毎年クリスマスシーズンに合わせて設置していたが、今年で見納めになるかもしれない。「年齢的な部分もあり、飾り付けや片付けの作業が大変になってきて…。皆さんから楽しみにしているという声を頂き、それが励みになっていました」と感謝の笑顔。

 点灯は31日までの午後5時から同10時まで。雨天中止。見学自由。