日曜日は銀座通りへ。パンフェス用幟

日曜日は銀座通りへ。パンフェス用幟

 飯能市内はもちろん、西武池袋線沿線や横浜市中区などから22のパン屋さんが飯能市の銀座商店街に集まり、自慢のパンを販売する「はんのうパンフェスタ」が11日、開かれる。午前11時から。飯能商工会議所、(一社)奥むさし飯能観光協会、奥武蔵・天覧山周辺再生の会主催。雨天決行。

 飯能商工会議所の「商業・サービス産業事業者応援事業」の一環として開かれるイベントで、今回が初。会場は飯能駅北側の飯能銀座商店街。一時的に車両通行止めにした、約300メートルの一方通行の銀座通りに販売用テント、休憩所が開設されるほか、観光協会のブースも設けられる。

 パン店は飯能・日高・入間・狭山・新座・所沢・川越市、東京都青梅市、横浜市中区から22店舗。うち、地元飯能からは8店舗が自慢の商品を搬入する。

 当日、銀座通りは午前8時から午後5時まで車両通行止めとなる。主催団体の一つ、飯能商工会議所の担当者は「美味しいパンをぜひ、食べにきて」と呼び掛けている。

 問い合わせは、飯能商工会議所(974・3111)へ。