高麗郡建郡1300年の節目を記念し、日高市は11月12、13日にひだかアリーナ周辺で開催する第26回「日高市民まつり」に合わせ、会場周辺に約5000発の花火を打ち上げるほか、参加者が高句麗衣装を身に着けライトアップされた通りを歩く「にじのパレード」を計画している。

 花火の資金については、市内企業や市民から協賛金を募っている。

 花火は太平洋セメントグラウンドを打ち上げ場所とし、来場者の観覧場所はひだかアリーナ周辺。まつり初日の12日午後6時からを予定し、雨天時は13日に順延となる。

 資金面については企業・個人からの協賛金を募っており、市内事業者を対象とした企業の協賛金は10万円・30万円・50万円のいずれかで日高市商工会で受け付け。

 市内在住・在勤者を対象とした個人協賛は1口1万円から、市民まつり実行委員会事務局で受け付けている。協賛金額に応じてパンフレットへの掲載や特別観覧席の案内などがある。

 実行委は「豪華5000発の花火を打ち上げ、色とりどりの花火で日高市の未来を明るく照らしたい」として協賛を呼びかけている。

 5月に開催された高麗郡建郡1300年記念祭で約3000人が参加した「にじのパレード」については、趣向を変え、夕刻からのイブニングパレードとしてコース上をLED電球でライトアップし、光で演出する。

 12日午後4時半からを予定し、雨天時は13日に順延となる。

 コースはひだかアリーナから市役所北側道路の往復。参加者は約800人を見込んでおり、実行委員会事務局で参加希望者を受け付けている。

 今回の市民まつりは「祝高麗郡建郡1300年記念市民がつくるひだかのまつり」をキャッチフレーズに、市内の物産・飲食販売、郷土芸能・市民団体の舞台発表、フリーマーケット、子ども広場、戦隊ショーなどが行われる。

 実行委はメインアリーナ・サブアリーナ・屋外特設ステージでの舞台発表参加者、フリーマーケット出店者を8月15日から26日まで受け付ける。

 問い合わせは、実行委員会事務局(市産業振興課内)989・2111へ。