東北から中国地方までのホッケーのスポーツ少年団(小学4~6年)48チームが飯能市で頂点を競う、第38回「全国スポーツ少年団ホッケー交流大会」が5~8日まで阿須運動公園や駿河台大学で開かれる。

 日本体育協会日本スポーツ少年団・日本ホッケー協会が主催し、県体育協会・県スポーツ少年団・飯能市・同教育委員会の共催。主管は埼玉ホッケー協会・飯能市体育協会・同スポーツ少年団・飯能ホッケー連盟。県・同教育委員会・文化新聞社・飯能ケーブルテレビが後援した。

 ホッケー競技の楽しさを体験するとともに、スポーツマンシップを身に着けることなどが目的。飯能では平成14年の第24回大会が開かれており、今年で2回目。

 秋田県から山口県までの各県を代表する男女計48チームが集結し、地元飯能からは「はんのうホッケースポーツ少年団」「あがのスポーツ少年団」(以上男子)、「はんのうホッケースポーツ少年団」「アゼリア飯能スポーツ少年団」(以上女子)の男女計4チームが出場する。

 5日監督会議・交流会・開会式(市民会館)を行い、6日から8日までが阿須運動公園と駿河台大学内のホッケー場で試合となる。表彰式・閉会式は、8日競技終了後に阿須運動公園で実施する。

 飯能は、埼玉県を代表するホッケーどころ。全国制覇に期待がかかる。