月下美人の上に作られた巣とヒナ

月下美人の上に作られた巣とヒナ

 日高市原宿にある「スナックはまなす」の入口に飾られた鉢植えの月下美人の上にツバメが営巣し、来店客の話題になっている。

 同店には毎年ツバメが飛来し、いつもは入口頭上の板の上に巣を作っていたが、近くに鉢植えを置いたところ、支柱の棒と葉を支えに小さな巣を完成させた。

 しばらくしてヒナが誕生。日中、人の足音などが近づくと、親と勘違いして大きな口を開け、ピヨピヨと可愛らしい声を響かせている。

 昼間は静かな環境だが、店の開く夜間は来店者の出入りで賑わう。地上から巣までの高さは180センチ程度と背の高い人なら目が合う高さだが、夜間はヒナが鳴くこともなく、巣の存在に気付かない人も多いという。

 店主の小林優子さん(68)は「いつもの板の上ではなかったので、はじめは気づかずにいた。まさかこんな所に巣を作るとは、と驚いた。ツバメが訪れるのが毎年の楽しみ。無事に巣立って欲しい」と話している。