吾野にある休暇村奥武蔵

吾野にある休暇村奥武蔵

 飯能市吾野の「休暇村奥武蔵」(合田忠助支配人)は、7月1日にオープン3周年を迎えるにあたり、現在、お得に宿泊出来る特別プランや日帰り入浴料金半額などを実施している。

 19日には中庭テラスでチャリティーコンサートも開催される。

 同館は平成25年7月に旧奥武蔵あじさい館跡地を利用しオープン。都心からのアクセスも良く、豊かな自然に囲まれながらゆったりと過ごすことが出来る。

 平成27年度も客室稼働率90%台を維持しており、全国37の休暇村で2番目に高い。宿泊はもちろん、入浴やランチ、バーベキューなど、日帰りでの利用も可。

 7月22日まで実施している宿泊特別プラン「ありがとうグルメプラン」は、1泊2食1万4400円のところ1500円割引の1万2900円に、「ありがとうプラン」は1泊2食通常価格1万1320円が9800円となる。

 いずれも和室10畳2人利用時。土曜日、同月17日は除く。期間中に宿泊すると特典付きうちわをプレゼント。

 日帰り入浴は大人620円が半額の310円に、日帰り入浴回数券(5枚綴り)が2000円のところ1500円に。こちらは7月31日までの期間中何度でも利用出来る。

 手ぶらで楽しめると好評の「日帰りバーベキュー」は、食材も道具も全て用意されており、食べた後の片付けも不要。欧米で人気の「ガス式グリル」で炭に火を付ける手間もかからない。

 食材一人前は約240グラムの肉と野菜、焼きそばでボリューム満点だ。料金は1人3200円、4歳から小学生は2100円。追加でシーフードセットも用意している(1080円)。料金には大浴場「こもれびの湯」の入浴料も含まれている。1日4組限定、2日前までに要予約。

 また、19日午後7時半からは中庭テラスでチャリティーコンサート「ホタルとかがり大の夕べ」が開催される。市内で活動するブラスアンサンブル「サラダ菜ブラス」による「ムーン・リバー」「ディスニーメドレー」「サマー・サンバ」などが披露される。同館利用者以外も参加可能。ホタルも舞い始め、幻想的な景色が楽しめるという。

 同館スタッフは「間もなく3周年を迎えるが、多くの地元の方々にもご利用頂いた。今後も里山の魅力を随時発信し、小さなお子様から年配の方までが楽しめるようなイベントやプランを用意していきたい」と話している。

 宿泊プランは予約時に、日帰り入浴は利用時に「文化新聞をみた」と伝えること。問い合わせ、予約は978・2888へ。