日高市の高麗郡建郡1300年、高麗川小学校開校100周年を記念し、朝のラジオ体操でおなじみの「特別巡回ラジオ体操・みんなの体操会」が高麗川小校庭で9月4日に開催される。

 主催は、かんぽ生命保険、NHK、NPО法人全国ラジオ体操連盟。市と市教委が共催。ラジオ体操は今年度、全国で夏期巡回43会場、特別巡回10会場で予定され、特別巡回会場の一つに日高市が選ばれた。

 開催に先立ち、正しいラジオ体操の普及を目的に今月11日にはひだかアリーナで講習会が開かれる。

 特別巡回ラジオ体操は夏期巡回の期間を除く毎年4月から10月までの日曜・祝日を中心に、全国10会場程度開催。昭和53年から行われており、夏季巡回と同様にNHKラジオ第1放送で公開生放送される。

 当日のスケジュールは午前5時開場、6時開会、6時半からラジオ体操を行い、7時に閉会。市民の参加は当日会場で受け付け、参加記念品が無くなり次第終了。雨天時は体育館で行う。市役所の駐車場を利用可。

 また、特別巡回の開催に先立ち、多くの市民にラジオ体操を普及しようと、今月11日にはひだかアリーナで講習会が開催される。ラジオ体操指導委員の小森由紀子さん、藤元直美さんを招き、ラジオ体操第1・第2の実技指導を受け、正しい体操の仕方を学ぶ。

 時間は午後1時半から午後3時まで。体操のできる服装・室内履き・飲み物・タオル。参加費無料、定員100人(申し込み順)。申し込みは9日までに生涯学習課市民スポーツ担当989・2111へ。

 ラジオ体操は昭和3年に昭和天皇即位の大礼を記念して当時の逓信省簡易保険局が制定。現在のラジオ体操第1は昭和26年、第2は翌27年に作られた。

 また、平成11年には国連の国際高齢者年にちなんで、年齢や障害の有無を問わず楽しく安心してできる体操として「みんなの体操」が考案された。

 市は「特別巡回ラジオ体操の開催により高麗郡建郡1300年や高麗川小開校100周年をお祝いするとともに、市民の健康づくりの増進につなげたい」としている。