目録を大久保市長へ手渡す竹浪社長と細田専務

目録を大久保市長へ手渡す竹浪社長と細田専務

 飯能市双柳の細田建設(竹浪政志社長)が9日、ムーミン基金へ1000万円を寄付した。同社長は「ムーミンが飯能に来るということで、多くの市民が期待している。ぜひ地域の活性化を図ってもらえたら」などと話している。法人による同基金への寄付は今回が初めて。

 同基金はムーミンテーマパーク「メッツァ」と連携した観光施策の推進を図るために活用していくもので、これまでに多数の個人から寄付が寄せられているが、法人からの寄付は同社が初めてとなる。

 市役所を訪れた竹浪社長、細田光利専務・狭山支店店長は大久保勝市長へ目録を手渡した。竹浪社長は「ムーミンテーマパークが飯能にやって来ることを多くの方が期待し、楽しみにしている。大久保市長が“日本一の飯能市にするぞ”と日頃から述べられており、そのパワーがいよいよ始まろうとしている。そのような中で私共も何かお役に立てないかという思いで今回寄付をさせて頂くことになった。ぜひ地域の活性化を図ってもらえたら」と述べた。

 1000万円という多額の寄付の目録を受け取った大久保市長は「極めて高額な、そして極めて中身の濃い寄付金を頂き、心から感謝申し上げる。貴重な財源として市のためにしっかりと活用させて頂く。ムーミンも着々と進んでいるところ。市にとって勢いが出てきている。法人からの第1番目のご寄付を頂戴し、日本で一番の素晴らしい市になるよう邁進していく」と感謝を述べた。