飯能市議会(砂長恒夫議長)は熊本地震を受け、議員1人1万円ずつの善意を集め、日本赤十字を通じて被災地へ18万円を送った。

 砂長議長のコメント

 この度、発生した熊本地震によって、多くの尊い命が犠牲となり、悲しみに堪えません。お亡くなりになられた方に対し、心からご冥福をお祈りいたします。また、被災にあわれ避難所等でご苦労されている皆様に対しても、心からお見舞いを申し上げます。今回、飯能市議会として、被災地の早期の復旧、復興を願い、多少ではございますが、義援金をお送りさせていただきました。一日も早い復旧、復興を心から願っております。