石元選管委員長から当選証書を受け取る谷ケ﨑氏

石元選管委員長から当選証書を受け取る谷ケ﨑氏

 任期満了に伴う日高市長選挙で無投票により2期目当選を果たした谷ケ﨑照雄氏への当選証書付与式が25日、日高市役所で行われ、同市選挙管理委員会の石元登委員長から谷ケ﨑氏へ当選証書が手渡された。

 式は選挙管理委員、谷ケ﨑後援会の大久保登後援会長らの立ち会いのもと行われ、谷ケ﨑氏に当選証書を手渡した石元選管委員長は「無投票当選というのは、市民が市長の行政手腕に全幅の信頼を置き、4年間の日高市政の舵取りをお願いしたものと思う。今、熊本では強い地震が長く続いているが、市民が安心して過ごせる日高市づくりに尽力頂きたい。また、5月には高麗郡建郡1300年行事も企画されている。こうしたことを契機に市がますます発展することを祈念し、健康管理にも十分気を付け活躍頂きたい」と激励した。

 当選証書を受け取った谷ケ﨑氏は「皆様の期待の大きさと責任の重さを改めて感じている。熊本で大きな地震があった。1期目にも防災対策に力を入れたつもりだが、2期目に際しても防災対策をはじめ、市民が安心して暮らせるまちづくりを一層進めて参りたい。皆様と力を合わせ、日高市に住んで良かった、住みたいと思われるようなまちにして参りたい」と抱負を語った。

 市長の1期目の任期は5月19日まで。同20日から2期目を迎える。