横断旗を手にする渋谷社長(右)と大久保市長

横断旗を手にする渋谷社長(右)と大久保市長

 飯能市柳町の(有)西武設計(渋谷守社長)は16日、横断旗130本を同市に寄付した。渋谷社長らが大久保勝市長を訪ね、目録などを手渡した。

 市役所に大久保市長を訪ねたのは、渋谷社長と渋谷弘子専務ら4人。市長応接室で渋谷社長が「地域の見守り活動に役立ててほしい」と同市長に寄贈品を手渡し、受け取った同市長は「子どもたちの安心安全のため、素晴らしい旗を頂いた。今日もどこかで事故で起きている。市としても撲滅に努めたい」と感謝した。

 横断旗は屋外で良く目立つ黄色地に、黒色太文字で「子ども安全」と書かれた縦横約30センチの大きさ。市は今後、地域の防犯団体やPTAなどに配布する。

 西武設計については、交通事故を少しでも減らそうと、平成20年度から前年度までの7年に渡り、合わせて643本の赤色誘導棒を市に寄付している。