県全体で国の定める警報の基準値である1医療機関当たりの患者報告数30人を超え、インフルエンザの流行警報が発令されている県だが、飯能市についても名栗幼稚園(園児数32人)で年中組(4~5歳児)がインフルエンザに罹患したなどにより、5日まで閉鎖の措置をとっている。

 市教委によると、名栗幼稚園では年中組11人中8人がインフルエンザや風邪で欠席したため、2日から5日までクラス閉鎖している。

 小中学校の児童・生徒のインフルエンザ罹患数については、学級閉鎖等の場合は教委に報告があるが、日々の患者数の推移については連絡がないため、「分からない」という。